忍者ブログ
このサイトでは料理・レシピ・グルメを紹介しております。
カテゴリー
* 未選択(0) * 炊き込みご飯・釜飯(15) * 丼物(13) * はなまるマーケットレシピ(12) * ねりもの(2) * 揚げ物(1) * 炒め物(2) * 栄養と効能(3) * 焼き料理(6) * 料理の知識と話題(6) * お菓子・ケーキ・スイーツ(13) * アジアの国々の料理について(7) * 寿司(6) * 鍋料理(12) * お弁当 レシピ(32) * 電子レンジ 簡単 レシピ(30) * ダイエットメニューレシピ(36) * コレステロールについて(4) * ドリンク(2) * 汁・椀 料理(3) * 話題のお店(1) * おせち料理(2) * 話題の食材・料理(4) * 料理教室(7) * 資格・検定関係(3)
 * ブログ内検索 *
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]
スポンサードリンク


2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2008/05/07 (Wed)
中華おこわ


おこわは冷めてもモチモチとしたかみ応えがよりいっそう増す感じで、お弁当にもってこいです。朝の忙しいなかで、せいろで蒸すのは大変ですが電子レンジを使えば簡単です。少量でもスピード料理できますので、是非、試してみてください。
ただ、もち米だけは前の晩から水につけておくことをお忘れなく!

中華おこわ レシピ

★おいしいお弁当作りのコツ!
・もち米は洗ってたっぷりの水に2~3時間つけておく必要があります。これだけは前日の夜のうちに忘れずに用意しておいてください。

◆材料(2人分)
・もち米・・・1カップ
・焼き豚・・・50g
・干ししいたけ・・・1枚
・ゆでたけのこ・・・15g
・砂糖、しょうゆ・・・各小さじ1/2
・酒・・・小さじ1
・塩・・・少々
・サラダ油・・・大さじ1
*あれば干しえびや干し貝柱を加えると味がぐんとよくなります。

◆つくり方
1.もち米は事前に洗ってたっぷりの水に2〜3時間つけておき、水気をきっておきます。これは前日にうちにやっておきましょう。
2.干ししいたけはヒタヒタの水を加えて小皿で落しふたをし、電子レンジで30秒加熱して戻します。戻し汁はあとで使うのでとっておきます。
3.戻した干ししいたけ、焼き豚、ゆでたけのこは大きさを揃え、小さめの角切りにします。
4.耐熱容器に3のしいたけ、たけのこを入れ、砂糖、しょうゆ、酒、塩、サラダ油を加えます。
5.少しおいたあと、4にもち米と、2の干ししいたけの戻し汁に水を加えてカップ1弱にしたものを加えます。
6.5にラップをして電子レンジで6分加熱します。
7.6を取り出し全体をかき混ぜ、焼き豚を加え、またラップをしてさらに6分追加加熱します。
8.そのまま10分ほど蒸らします。

◆おすすめお弁当献立
●鶏肉の鍋照り焼き
●小松菜のごまみそ和え
●大豆と昆布の甘煮
●オレンジ
PR


ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *