忍者ブログ
このサイトでは料理・レシピ・グルメを紹介しております。
カテゴリー
* 未選択(0) * 炊き込みご飯・釜飯(15) * 丼物(13) * はなまるマーケットレシピ(12) * ねりもの(2) * 揚げ物(1) * 炒め物(2) * 栄養と効能(3) * 焼き料理(6) * 料理の知識と話題(6) * お菓子・ケーキ・スイーツ(13) * アジアの国々の料理について(7) * 寿司(6) * 鍋料理(12) * お弁当 レシピ(32) * 電子レンジ 簡単 レシピ(30) * ダイエットメニューレシピ(36) * コレステロールについて(4) * ドリンク(2) * 汁・椀 料理(3) * 話題のお店(1) * おせち料理(2) * 話題の食材・料理(4) * 料理教室(7) * 資格・検定関係(3)
 * ブログ内検索 *
[221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211]
スポンサードリンク


2017/11/21 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2009/09/18 (Fri)

鍋料理の種類

<水炊き>
鶏肉などをお湯で煮て、ポン酢などをつけて食べる鍋料理です。
一緒に入れる具(野菜など)は、いろいろと好きなものを入れて楽しみましょう。

<ちり鍋>
白身魚を中心とした具材が特徴の鍋料理です。
昆布だしに白身魚や豆腐・あくの少ない野菜を入れて楽しみましょう。
「ちり」の語源は、刺身を食べない西洋人達が、新鮮な魚の切り身をお湯を通して食べた時に、「ちりちり」と縮むところから付けられたそうです
「鱈ちり」「鯛ちり」「河豚ちり」など魚の種類でいろいろと呼ばれています。
魚以外にも「豚ちり」や「鶏ちり」などもあります。

<湯豆腐>
切った豆腐を昆布でだしをとったお湯で煮、醤油やポン酢に薬味を入れたものに付けて食べる鍋料理です。
京都の湯豆腐が有名です。

<寄せ鍋>
汁をたっぷり入れた鍋に白身の魚や鳥肉・貝・野菜などを取り合わせて入れ、煮ながら食べる鍋料理です。
煮汁の味で十分楽しめますが、薬味をつければもっとおいしくいただけます。

<おでん>
元来「おでん」は、豆腐やコンニャクや芋を串に刺して、みそをつけて焼いた「田楽」でした。
それから焼かずに煮込むことで「煮込みおでん」に変わっていったのが「おでん」とされています。関西では「関東炊き」とも呼ばれています。

<すきやき>
今では国際料理として愛される「すきやき」。
農民が、使わなくなった鋤(農具)の上に肉を置いて焼いたことが語源とされています。
明治初期に、それまで食べることが許されなかった牛肉が食べれるようになり、「牛鍋」が庶民の間で広く食べられるようになりました。
牛肉を食べることが文明開化の象徴とされ、大流行しました。
その「牛鍋」が今の「すきやき」のはじまりとされています。
関東の「煮るすきやき」、関西の「あぶるすき焼き」と地域によって食べ方も違っています。

PR


ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *